企業情報

株式会社 神蔵 企業理念

1.我々は、誠実さをモットーとし、倫理に則した事業を拡大し、顧客の利便性を図ることを目的に存在する。

株式会社神蔵は、昭和10年、「質よろづや」の創立を礎えとして、平成19年に設立されました。80余年、この地で時代の流れとともに営業活動を展開しえたのは、顧客に対する誠実さと、虚偽・偽りのない営業姿勢が顧客に支持されてきたものと考えます。営業活動は、単に利益を享受すれば良いというものではありません。法令ならびに時代の倫理観に則して自らを戒め、その上で何が顧客の利益に結びつくかを常に念頭におきながら、顧客のためのさらなる事業の拡大を目指すことが目的です。

2.商品・サービスの質と信頼性を重視し、最大限の利益を確保する。利益は新たなる行動の源である。

「確かな商品を顧客に提供する」。その上で商業活動としての最大限の利益確保を目指します。ただし、利益が最終的な目的ではありません。営業活動から生み出された利益は、さらなる目標に向かっての原動力となるものです。常に前進するための手段であると考えます。

3.顧客満足を優先し、事業の共生的拡大を図り、地域社会に貢献する。

顧客の目線を常に持ち、顧客の立場になって考え、我々の提供する商品とサービスに満足と喜びをもっていただけるように努力します。営業活動の基本は、その活動を通して社会に対し、どのような貢献と影響力を行使できるかがポイントです。顧客のニーズを的確につかみ、あるいは新たな顧客ニーズの創出を目指しつつ、共生的な事業拡大を目指します。

4.社員・スタッフは相互に尊敬しあい、学びあい、個としての尊厳を維持・尊重しあう組織風土をつくりあげる。

社員はお互いに個性を尊重しあい、その考え方や行動・建設的な意見交流を通して、多くのものを学び取ることを基本姿勢とします。問題にあたっては、非難・中傷するのではなく、お互いに指導・教育をしあえる状況を作り上げ、決してお互いの人格や、人間としての尊厳を卑しめる言動や行為を許さない組織風土をつくり上げます。

5.社員・スタッフの自主性と成長を尊重し、適正に評価する。

「思いついたらまず動く」。人に聞いて良いか悪いかを判断するのではなく、自分のできる範囲で自主的にできることは率先して行動に移すことを、正当に評価する組織をつくります。自主性に基づいた行動の失敗は、組織とし最大限の寛容さをもって対処します。

 

会社概要

 

株式会社 神蔵
代表取締役 大津光広
創業 1935年 (昭和10年)

~ 事業内容 ~
質 古物買取り 販売 輸入雑貨・インテリア販売

古物許可ナンバー 長野県公安委員会 第481010700067
質屋許可ナンバー 長野県公安委員会 第481010700068

 

沿  革
1935年(昭和10年) 質よろづや開業 権堂にて質よろづやを開設する
1945年(昭和20年) 県町に移転 戦争の空襲を避けて県町に移転
1947年(昭和22年) 再び権堂町に移転
1963年(昭和38年) 質よろづや改装 質と併せて販売を目的にしたショップの併設
1968年(昭和43年) 質よろづや改装 販売スペースの増床
1994年(平成6年) 質よろづやリニューアル 店舗の全面リニューアルを実施
2000年(平成12年) 大津光広 代表に就任
2002年(平成14年) 広告媒体へ、初めて広告の掲載開始 信濃毎日新聞 週刊ながの
2004年(平成16年) 質よろづやリニューアル ブティック風のショップに全面リニューアル
2007年(平成19年) 質よろづやから(株)神蔵に組織変更
大津光広 代表取締役に就任
5月 リサイクルブティック ソフィアOPEN
個人経営から株式会社へ組織変更
2008年(平成20年) ネット事業部開設
質屋通り商店街・楽天へ出店
2009年(平成21年) ビッターズへ出店
2010年(平成22年) 雑誌 ブランドJOY 掲載開始
2010年(平成22年) 8月 買取り専門店ローズマリーOPEN
12月  ネット買取り開始
2014年(平成26年) ヤフー出店
7月 ギャラリー楼蘭OPEN
2014年(平成26年) ATF全国質屋ブランド品協会加盟
2015年(平成27年) 3月 ウエスタンユニオン海外送金業務開始
2015年(平成27年) 8月 ローズマリー閉鎖
2016年(平成29年) 11月 海外サイト e-bay出店
2018年(平成30年) 1月 委託サイト イーレディー出店
2月 質屋通り商店街退店
2月 ウエスタンユニオン休止

 

 

 

 

PAGE TOP